ジャパンプロテクション株式会社 調査部に関するQ&A


Q1:警備会社の中の「調査部」とはどんな部署ですか。

Q2:盗聴探査の必要性を教えてください。

Q3:見積について教えてください。

Q4:キャンセル料について教えてください。

Q5:遠隔地は高額になりますか。



Q1:警備会社の中の「調査部」とはどんな部署ですか。
A1:弊社は警備会社として昭和44年10月に創業以来、公共の安全と秩序を守る事業を推進してまいりました。調査部は弊社の一部署として創業以来、個人・企業調査、企業防衛・危機管理調査、特殊調査を行って、信頼と実績を築いて参りました。
 弊社のグループ企業には、企業戦略についての調査・助言を行う「JPコンサルタント株式会社」、また企業の危険・安全管理を研究する「CR&S総合研究所」があり、トータルセキュリティグループの中の調査部です。
Page Top▲


Q2:盗聴探査の必要性を教えてください。
A2:あるライバル会社が機密情報を盗聴したいと考えた場合、役員室・会議室等に直接盗聴器を仕掛け、或いはライバル会社の社員を買収して、盗聴器を仕掛ける方法があります。近年の盗聴器は小型・高性能化しており、通信販売・電気街等で容易に入手でき、贈答品や各種電気機器に偽装して仕掛けることも可能です。
 ビルの竣工・改修時、重要会議の直前に、また定期的に探査を行うことが必要です。ご家庭でも個人的に仕掛けられる被害が増大しております。
Page Top▲


Q3:見積について教えてください。
A1:調査の相談、見積は無料です。
調査費用は基本料金があり、料金表をごらん頂くと概算はご理解いただけます。
個々のご要望またお客様から頂けるデーター量により調査の難易度が違います。
ご予算に応じたプランをご提案させて頂くことも可能です。
まずはお電話をください。
Page Top▲


Q4:キャンセル料について教えてください。
A2:キャンセル料金を設定しております。調査の開始後は一切返金できないものもございます。
行動調査をキャンセルした場合は、基本的に2日前から料金が発生します。
 料金は調査員の人件費と実費相当の金額になります。依頼される前に調査の必要性を十分検討されてからご依頼ください。
Page Top▲


Q5:遠隔地は高額になりますか。
A3:弊社は札幌、仙台、大阪、福岡等の主要な地域にある、信頼のおける調査会社と提携関係を
結んでおります。遠隔地の調査は交通費、宿泊費などの経費を最小限にして、調査を行い、できるだけご依頼人に経済的な負担をお掛けしないように努めています。
Page Top▲
調査部 Top